眠りを改善するホルモン「メラトニン」

メラトニンとは

スポンサードリンク

メラトニンには、体温、脈拍、血圧を低下させる作用があり、これにより、睡眠と覚醒のサイクルを調整し、眠りを誘う効果が得られます。

またメラトニンには、時差ぼけを防止する効果もあるため、時差ぼけ予防の薬にもなっています。


メラトニンを増やすには

バナナや牛乳などに含まれているアミノ酸の一種の「トリプトファン」が、脳内物質である「セロトニン」をつくる原料となります。そして、「セロトニン」が分解されると、「メラトニン」の分泌を促すのです。

メラトニンは、アメリカで熟睡するのに効果的なサプリメントとして注目されています。
また、メラトニンは、若返りの効果があるホルモンとしても知られています。

メラトニンは、人間の体内でつくられるホルモンです。メラトニンの分泌は年齢とともに減少します。また、不規則な生活をしていると、メラトニンが正常に分泌されない場合があります。

早く目が覚めて困っている方は、メラトニンが不足しているのかもしれません。
メラトニンを補うために、サプリメントを摂取すると、スムーズに寝ることができ、朝早く目覚めることもなくなってくるでしょう。メラトニンのサプリメントを摂取するのは夕方以降が効果的なようです。

メラトニンを食品で摂りたい方は、ケールがおすすめです。
ケールはブロッコリーやキャベツの原種でアブラナ科の野菜です。青汁の原料としても知られています。
ケールには、ビタミンや食物繊維、カルシウムなど、豊富な栄養素が含まれており、メラトニンを摂るためには、夕方以降に飲むのが効果的です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

眠れない~不眠症~睡眠障害からの脱出:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://win-vv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。