効果的な昼寝の方法

昼寝を適度に、効果的にとれば、疲労の回復やストレスの解消に大きな効果があります。
昼寝の習慣がある国(スペインなど)と昼寝の習慣があまりない国(日本やアメリカ等)で比較すると、昼寝の習慣がある国の国民はおおらかな人が多く、ストレスが少ないといったデータもあるようです。

スポンサードリンク


効果的な昼寝

昼寝の時間は15~20分程度がよいとされています。
それ以上の時間眠ると、熟睡の域に入ってしまうため、目覚めがスッキリしなくなり、不愉快な気持ちになるとともに、寝不足のような感覚になってしまいます。

熟睡しないための工夫として、昼寝前に、コーヒーや紅茶などカフェインの入った飲み物を飲むとよいようです。
昼寝の前に、カフェインを摂取することで、起きる頃には効果が現れ、目覚めがすっきりするようです。理想的な時間配分は、カフェインの入った飲み物を飲んだ後、10分程リラックスし、それから15~20分程度の昼寝ということになります。

昼寝をする場合、午後3時までするようにします。それ以降だと、夜の睡眠に影響がでてしまいます。


効果的な昼寝をとることで、作業の効率がよくなったり、血圧が安定したりと、体や心によい影響がでます。
昼寝をとれる人は、できるだけ毎日習慣的にとりましょう。

難しいのは習慣的に昼寝の時間をとれない人です。昼寝をする日もあれば、しない日もあるのでは、重要な夜の睡眠サイクルまで乱れてしまいます。

昼寝が習慣的になっている人は、そうでない人と比較して、アルツハイマー病が発症しにくいという調査結果も出ています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

快適な睡眠を得る方法
眠りたい...。明日の予定を考えると、早く寝ておいたほうがいい、でも、お風呂も入......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

眠れない~不眠症~睡眠障害からの脱出:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://win-vv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。