子供のいびきは危険信号?

健康な子供は、いびきをあまりかくことなく、朝までグッスリ眠ります。

スポンサードリンク

子供が大きないびきをかいて寝ていると、よく眠っていると勘違いしそうですが、子供が毎日のようにいびきをかいていたら、それは質の悪い睡眠で、身体に何らかの不調があると疑ったほうがよいかもしれません。

いびきをかく子供は、鼻がよく詰まる、日常的に口で呼吸をしている、歯並びが悪い、栄養のバランスが偏っているなどの特徴が見受けられます。鼻炎の症状がある子供も多いです。
また、子供は大人に比べ、上気道が細いので、大人よりもいびきをかきやすいです。

睡眠中には、子供の成長に必要な様々なホルモンが分泌されています。そして、子供はよく睡眠をとることによって脳や体(筋肉や骨)が成長します。

いびきをかいているということは、十分な酸素が体内に行き渡っていない状態です。いびきによって血中の酸素が不足すると、体や心の発達に悪影響を与えてしまいます。
また、十分な睡眠が取れていないため、昼間の集中力低下等につながってしまいます。

このように、子供のいびきには大きな危険性が潜んでおり、大人と同様、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になることもあります。

昼間によく居眠りをする子供は、夜間に無呼吸状態になっていないか確認してあげてください。

子供のいびきや無呼吸に気づいたら、まずは耳鼻科に相談するとよいでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ショートスリーパー(短時間睡眠者)
一日に必要な睡眠時間は、4時間で充分の人もいれば9時間必要の人もいます。 しっか......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

眠れない~不眠症~睡眠障害からの脱出:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://win-vv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。