不眠症のタイプ

不眠症は大きく分類すると3つのタイプに分けることができます。

スポンサードリンク

入眠困難の不眠症
この不眠症のタイプは布団に入ってもまったく眠れない、なかなか寝付けないといった症状の不眠症です。

中途覚醒の不眠症
この不眠症のタイプは眠ることは可能だが、夜中に何度も目が覚めてしまい、結局眠れなくなってしまう症状の不眠症です。
仮に長時間の睡眠をとったとしても熟睡しているわけではないため、体がだるくなったり一日ぼーっとしてしまう可能性があります。

早朝覚醒の不眠症
この不眠症のタイプは寝るのがどんなに遅くなっても、朝早くに目が覚めてしまうという症状の不眠症です。起きる時間には個人差がありますが、3~5時位に起きてしまうことが多いようです。

上記のように不眠症を分類しましたが、一つだけ該当する人もいれば、全部に該当する人もいます。症状が重なればさらにつらい状態ですね。

不眠症の人は自律神経のバランスを崩している場合があり、交感神経が興奮してしまうために不眠症になってしまうというパターンもあります。

不眠症でも自分で改善できる不眠症と出来ない不眠症があります。
不眠症が重症な場合、脳に障害がある可能性もありますので、少しでも変だなと感じた場合は専門の医者に相談してみましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

眠れない~不眠症~睡眠障害からの脱出:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://win-vv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。